· 

自因自果

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

 

本日は仏語をお伝えしたいと思います。

 

新型コロナウィルスで

 

「コロナ離婚」

が増えているといいます。

 

コロナウィルスの影響で、

どこへ出かけることもなく、

 

夫婦互いに過ごす時間が増え、

相手の言動から口論となり、

 

「やっぱり貴方とは合わない」と

離婚するというもの。

 

またはそのような原因で

離婚を考え始めた人が多いというもの。

 

 

 

 

また、

コロナウィルスの影響で

景気の低下失業者の増加

会社の倒産事業停止となっています。

 

 

 

果たして

夫(妻)が悪いのでしょうか?

 

コロナウィルスが悪いのでしょうか?

 

政策の悪さ(遅さ)でしょうか?

 

 

 

 

仏教では

 

「自因自果」

 

だと、お釈迦様はおっしゃいます。

 

 

 

自分が受ける一切の結果は、

全て己のまいた種まきの結果

であるというのです。

 

 

例えばコロナ離婚

相手がいるので、

 

私が3割かもしれないけど、

相手が7割悪い!

 

 

ここで7:3なのか

5:5であるか悩む事は

全く意味はなく、

これを全面否定するのが仏教の諭し方。

 

 

解決方法として

・自分の行動を変える

・人や環境を断ち切る

 

 

 

夫婦の関係でも

まずは自分に原因があると

その行動を変える。

 

 

ウィルスのせいで不景気に、失業した、

と他因自果になるのではなく、

これまで調子が良い時に

次の事業展開を考えておかなかった、

自己研鑽で資格など取得しておけばよかったなど

振り返えり、自分の行動を変える、

 

現在の環境に甘んじたまま

不平不満を言うのではなく、

新たな一歩を踏み出す。

 

 

そうすることが大切だとおっしゃっているんですね。

 

 

全ての結果は全て自分の行動に。

 

 

特に人の上に立つ者にとっては、

そう考えることが出来るか、

そう行動できるか、

覚悟と勇気が求められます。