· 

窮すれば転ず、転ずれば通ず

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

「窮(きゅう)すれば転ず、

 転ずれば通ず」

 

という言葉があります(易経)。

※訳に「転ず」を「変ず」とするものもあります。

 

 

 

窮する=行き詰まり苦しむこと。

 

道を進んでいた際に行き詰まり、

転んでしまった。

 

 

しかし転んだからこそ、

そこから見える新たな視点があるものです。

 

 

そこに気づき、

変わることが出来たからこそ

通じる先が見え、活路を見いだせるということ。

 

 

 

 

現在がまさに窮している時期ではないでしょうか。

 

 

 

苦難は経験はしたくないものですが

こうした経験は

 

変わりなさい

 

というメッセージなのかもしれません。

 

 

 

こうした苦難や試練な時こそ、

新たなイノベーションや

自分の使命に気づくものです。

 

 

 

次回はこのような窮する経験をした

歴史上の人物を紹介します。