· 

泥仏不渡水

 

 

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

今週の禅語は

 

「 泥仏不渡水 」

(でいぶつみずをわたらず)

 

です。

 

 

いくら仏様でも粘土で作った仏様は水を渡る事が出来ない、というもの。

 

 

 

 

仏様は水を渡れるといいます。

 

しかし仏様も泥で作れば水に溶けます。

 

その仏様が石であろうと、

高級な素材であろうと、

形だけに拘っては、

水を渡ることは出来ないでしょう。

 

 

 

形はありがたい物でも、

本来の力や素質が備わっていないただのモノでは

何の違いはないからでしょう。

 

 

 

 

自分の財産や車、身に着けるブランド品、

パートナーのブランド(例:夫の職業や地位など)

または形なくても地位などに拘って

 

自分自身の能力や品格、

自分の徳を積んでいく事を忘れている、

 

その様な事はないでしょうか。

 

 

また

 

格好から入って、やる気を出して続ける

という方法も一つあるかもしれませんが、

その様なモチベーションの持ち方では

長くは続きません。

 

その人の事を成す目的、志、強い信念

それらがしっかりとしたものでなければ意味がありません。

 

 

 

泥仏ではで水を渡ることが出来ませんが

仏心では水を渡ることが出来るということでしょうか。

 

 

心の在り方や

日々心を磨き、

精進・自己研鑽する事が大切なのだ

という事を私自身は感じました。

 

皆さんはいかがですか。

 

 

 

 

 

※私自身の解釈も入り、本来の解釈とは

 少し違うかもしれませんが、ご了承ください。