· 

両忘

 

 

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

 

今週の禅語は

 

「 両忘 」

(りょうぼう)

 

です。

 

 

日常生活においてトラブルとなる時

「やった」-「やらない」

 「Aだ」ー「Bだ」

「正しい」-「正しくない」

 「本当」-「嘘」

といった意見などの対立があります。

 

もしかすると職場において

「A派」-「B派」

など派閥やグループになる所もあります。

 

 

 

 

 

どちらも自分の正当性を

一生懸命伝えたいのでしょうが

途中で本質からかけ離れてくることも。

 

 

 

 

しかし、

両者の意見は

「正」と「誤」

ではないのです。

 

 

本来はどちらも

「正」と「正」

 

自分も良かれと思い

相手も良かれと思い

実践した際のぶつかり合い。

 

 

 

皆それぞれの色眼鏡で見ているのです。

 

そう、色眼鏡はその人の価値観や信念

「~べき」という言葉。

 

ですから本来は両方とも正しい。

 

 

しかもその「~べき」は

同じべきであっても人によって程度が違う。

 

 

その様な時、教えられるのが

 

「両忘」です。

 

 

 

 

自分だけの色眼鏡(自分の~べき)で

見るから無理がある。

 

相手だけの色眼鏡(相手の~べき)で

見るから無理がある。

 

相手が悪いと片方だけ、

自分だけの偏った味方でいるから

摩擦が生じるのです。

 

であれば両者の見方ではなく、

ゼロから考えてみてはどうでしょうか。

 

両者のこだわりから抜け出す、

自分の善悪を忘れる、

 

白黒でない視点を持ち、

一歩引いて見てみると

 

程よく肩の力が抜け、

穏やかなイライラしない日々が

過ごせるのかもしれません。

 

 

※私自身の解釈も入り、本来の解釈とは

 少し違うかもしれませんが、ご了承ください。