· 

日々是好日

 

 

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

今週の禅語は

 

日々是好日」です。

 

本来の読み方は

 

「にちにちこれこうにち」

 

の様ですが、

私も先日まで

「ひびこれこうじつ」

と呼んでいました。

 

確か大河ドラマ

「おんな城主直虎」の

小林薫さん演じる和尚様が

そう言っていたような・・・。

 

 

 

しかし、

「日々是好日」はとは

どんな日でも毎日は

最高に良い日だという意味です。

 

禅では

過ぎてしまったことに拘ったりせず

この今、この一瞬を精一杯に生きる

という考えがあります。

 

 

ムカつく、悲しい、最悪だ

と思えるどんな日だろうと、

その時のその感情を

五感を使って十分味わえば

かけがいのない日となる

というのです。

 

しかし、なかなかそのように

感じる事は出来ないものです。

 

 

 

 

個人的には

アンラッキーだと思われる

仕事でミス、

うっかり忘れもの、

他者からの中傷、

自転車がパンクした、

財布を落とした、

娘の反抗期で口喧嘩、

ことごとく信号で止まる、

などなど。

 

 

こんな事が続くと

一般的にはネガティブな感情となり

「今日は最悪だ」

と思いますよね。

 

 

それでも

「今日はいい日だった」

と思えますか?

 

 

 

 

 

私も初めは

 

患者さんにイラッとした時

「これも何かを学びなさい」

という事なんだよね。

 

今回の失敗も今は苦しいけど

きっと後では良い学びになる

 

と、

少し意味合いは違いますが

良き日(学び)にしていました。

 

一日を、出来事を

「善い悪い」で決めてしまうと

イライラしやすいです。

 

エアコンが壊れた職場も

「最悪だ」と感じますが、

この夏の、この暑さを感じちゃおう

と、そう思える事でイライラもなくなるものです。

 

思考を変えるとイライラもしにくいですね。

 

 

 

日々是好日

 

本来、どんな日であっても、

最高に良い日だという意味。

 

 

貴方にとってありのままの一日

 

過ぎてしまったこと

やってしまったこと

起きてしまったことを

くよくよ考えるのではなく

イライラするのではなく

 

先のことを考えすぎて

不安を強くするのではなく

 

そのまま受け入れ、よし!と

この一瞬、今を積極的に生きる。

 

 

今日も好日。

 

貴方にとってどうでしたか。

 

 

※私自身の解釈も入り、本来の解釈とは

 少し違うかもしれませんが、ご了承ください。