· 

知足

ネガティブな感情に支配されず

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

今週の禅語は

 

「 知足 」

(ちそく)

 

 です。

 

 

 

京都の龍安時の庭にある有名な医師の手水鉢には

 

「吾唯知足」

 

の4文字が刻まれています。

 

 

 

「吾(われ)は唯(ただ)、

 足りていることを知っている」

 

 

必要なものはもう全て足りている

 

という意味です。

 

 

 

 

世の中には絶えず上を求め続け

お金を儲けている人が成功者として見られ

立派とされている、

 

 

そうでない、

現状に満足している者は

負け組、ダメなヤツだ

という風潮があります。

 

 

 

 

こういう私も以前は

 

あの車欲しいな。

 

年相応の物を持っていなければおかしいよね。

 

あの人あんな家住んでるの?うらやましい。

 

もっと良いもの食べたい。

 

子供さん○○へ進学したって、ウチも勉強させなきゃ

 

だから、

もっとお金が欲しい。

 

もっと勉強しなきゃ、

 

まだ足りない、もっともっと・・・

 

こんな風に考えていました。

 

 

 

 

 

 

手に入れる事が出来ない

諦めや我慢とはまた違います。

 

 

今有るもので十分満たされている事を感じる事です。

 

 

 

しかし、

「足りている」と心から感じる事、

なかなかできないものです。

 

 

 

 

私たちは

他者と比べたり

 

ものの味方では

損している部分を見がちです。

 

 

先日のブログの電池残量も減った50%を見てしまう

 

コップの水の減った半分から、

 

もう半分しかないと感じてしまう。

 

 

 

欠損感から得よう得ようと努力する事を日常としてませんか?

 

 

今あるもの

今あるここ

に意識を移してはどうでしょうか。

 

 

 

生活に追い立てられることなく過ごせている、

 

食べ物も3食、難なく食べられている、

 

雨風しのげる家の中、

 

思いやりのある妻、子供たち

 

家族楽しくワイワイやっている。

 

 

そんな視点で過ごせると

 

幸せだなぁと感じます。

 

 

 

そうすると自分が持っているもの

 

今あるものへ感謝できます。

 

 

 

 

 

「知足者常富」と老子が言う様に

幸せを感じやすく

人生を豊かに過ごすことが出来ます。

 

 

知足は短い言葉ですが

とても深く素敵な言葉です。

 

知足に関するテーマは

色々な視点から

見ていければと思っています。

 

 

月照庵 大笹太士