· 

どっちの言葉がいい?。伝え方を変えるには視点を変える。長女と次女での変化。

 

ネガティブな感情に支配されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

子供に対して、

仕事をして部下を持っている方は、

どのような言葉かけしておられますか?

 

 

 

さて、次の言葉いかがですか?

 

「頑張りなさい」

 

「頑張ってね」

 

 

普通に使っているよという方も多いはず。

 

とても使いやすい言葉ですね。

 

 

 

気分障害(うつ病)の方へ使ってはならない

と聞いた事あるという方もいると思いますが、全てにおいて当てはまります。

 

 

その言葉の裏には 

 

「出来ていない」

 

という評価なのです。

 

 

 

「いえいえ、うちの子なら(部下なら)出来るはずだと能力を評価・期待・鼓舞して言っているんですよ。」と思っているかもしれません。

 

 

しかし、伝える側はそう思っていても、受け取る側の取り方次第です。

 

 

 

子供や部下にとっては

 

「私(俺)やってるし。」と

反抗的に捉えたり

 

 

「まだ出来てないんだ。」

 

「もっと頑張らなきゃ」

 

「自分は出来ないんだ」と、

生きづらさを感じることに繋がります。

 

 

認めてもらえない空虚感、出来ていないという自己像から自己肯定感は下がります

 

 

 

 

であれば、

 

「頑張ってるね」

 

言われた方はどうでしょう?

 

 

 

「ちゃんと見てくれている」

 

「評価してくれている」

 

とポジティブな見方が出来るのではないでしょうか。

 

 

 

自分には価値があると

自己肯定感も高くなります

 

 

 

 

 

出来ていない部分、欠点を見て

「頑張れ」ではなく

 

出来ている部分を見て

「頑張っているね」

 

 

 

 

 

アドラー心理学でいう「勇気づけ」にも当てはまります。

 

 

 

改善を求める際にも

 

「〇〇は△△しないといけないだろ。

頑張れ。」

 

と伝えるのと

 

「頑張っているね。〇〇は△△すると、もっと良くなると思うな。」

 

と伝えるのとでは受け取り方も違いますね。

 

 

 

 

私自身変化を感じました。

 

我が家の子育てにおいて、休みは

習字「書初め」の宿題があります。

 

 

長女の時、「ここはこうして」「あぁ、違う違う」「頑張らんか!」と出来ない部分ばかりを指導し、しまいには泣いてしまっていました。

 

次女には「ここの止め、押さえ方いいね。」「払い出来たね」と出来る部分を伝えると本人もイキイキと頑張り、本人自ら「あぁ、間違ったぁ」と悔しがりました。そうする事で自然と楽しみながら出来るようになりました。

 

 

 

自然と頑張ろうと思えるのはどちらですか?

 

視点を変えるだけで伝え方が変わります。

 

伝え方が変わると相手にも伝わりやすくなります。

 

 

 

 

自己肯定感を高めるために活動している日本セルフエスティーム普及協会。

 

 

月照庵でも同様に

自己肯定感の講座を開催しています。

講座はこちらから

 

 

 

イライラする、この怒りをどうすればいい?

アンガ―マネージメントに関する

講座はこちらから 

 

 

今日の貴方も私も

ありのままで輝いています。

 

 

今日もありがとう。