· 

自分を受け入れる

 

 

ネガティブな感情に振り回されず

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

 

もしあなたが

 

「人に嫌われるのが怖い」

 

「嫌われないで好かれたい」

 

「褒められたい」

 

といった気持ちはないかなぁ

 

というのであれば、本日のブログは特に参考にはならないかもしれません。

 

 

 

私は以前

「人として好かれているべきだ」

「嫌われたくない」

という気持ちが強かったです^^;

 

 

 

精神科医であり三大心理学者の一人

アルフレッド・アドラーは

 

 

人が幸せに生きる為に

 

承認欲求(他者承認)は

 

    不要

 

だと言っています。

 

 

 

 

なぜなら

承認欲求とは

 

 

他人の期待に応える事であり、

 

他人の期待に答え続けることは

 

自己否定につながり

 

不自由な人生を送ることになると

 

考えていたからです。

 

 

 

 

他者承認欲求が

 

無い人の方が

 

より自由で幸せな

 

人生を送れるということです。

 

 

 

 

 

 

まず大切なのは他者からではなく

自己承認

 

自分軸で生きる

 

ありのままの自分を受け入れる

自己受容

 

 

これをベースに

 

 

 

◆他者からの承認は

期待しない(いらない)

承認されたら素直にありがとう!

 

 

 

◆他者への承認は

私は完全にアドラーの言っている通りではなくても

他者承認はしてもいいと思っています。

 

相手が承認中毒にならないようなバランスが大切。

 

しかし他者承認より「勇気づけ」を私は心がけています。

勇気づけは対等です。

 

 

子供の例でいうと

「〇〇ちゃんが~してくれたから

助かったぁ。ありがとう。」

 

ありがとう、嬉しい等感謝の気持ちを伝える事が動機づけになります。

 

 

 

 

自己承認出来るようになると

 

他人から承認されなくてもいいし、

 

無理に好かれようとしなくても良くなります。

 

褒められなくても良くなります。

 

 

 

 

幸せになるために

自己承認出来ていますか?

 

 

自己承認できる、

自分軸で生きる、

自己受容が出来る

 

自己肯定感の高い人

 

になるためのヒントは

 

日本セルフエスティーム普及協会にありますよ。

HPはこちらから。