· 

子どもの人生と自己決定感。我が家の失敗から

ネガティブな感情に振り回されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹です。

 

 

我が家の娘2人は次年度が

高校、中学の入学が重なり、

受験生です。

 

 

先日進路希望のプリントをもってきました。

 

第一希望から第三希望まで記載するんですね。

 

 

私の地元の牛深は1校しかなく

牛深小学校→牛深高校へと

自然と?必然と?

エスカレーター式で

希望を出した事も無く・・・。

 

そんなでしたから

新鮮でした。

 

 

 

 

さて子供の進路に

皆さんはどう対応しておられますか?

 

 

「〇〇高校の△△科がいいわよ。」

 

「将来▢▢になった方がいいわ、

 安泰よ。だったら〇〇校よね。」

 

と、自然と誘導していませんか?

 

 

 

我が家もそうでした。

 

 

 

子どもの進路を親の偏見で

誘導していました。

 

「保育士さんはね

給料~で、休みは~だよ。

 

〇〇がいいよ

給料もいいし、時間的拘束も~

 

△△は安定しているし

給料はまぁまぁだけど、きついよね

 

適正を考えれば〇〇じゃない?」

 

 

 

実際の会話です。

 

 

しかし娘は保育士になりたかったのです。

 

 

親はこれまでの経験や知識から

最前、最短、苦労しないように

子どもにアドバイスをします。

 

 

その結果、

娘は進路に迷い、

やる気を失い、

勉強をしなくなりました。

 

 

 

親心・・・

 

そう思っていたことも

子どもの自立心、

自己決定感を蝕んでしまい、

やる気すらなくなっていったのでした。

 

倍々ゲームのように学力は下がっていきました。

 

 

 

 

 

 

子供の人生は子供の物。

 

 

 

子どもも一つ一つ経験し、失敗し、

その中で学び成長していきます。

 

失敗と経験から

これから続く人生の中での

判断力を身に着けていくのです。

 

 

私もその事にようやく気付き

娘に謝った経験があります。

 

 

 

親の価値観を押し付けていませんか?

 

 

木の上から見守るのが

親の務め。

 

 

自己決定感も人生を生きていく上で必要な力。

 

 

安全や健康、法律に反する事でなければ

子どもの決定もそのまま尊重することが大切です。

 

 

進んで行く中で自分で修正・変更したりできるものです。

子供の力を信じてあげましょう。

 

 

人生を自分らしく選択し生きていく。

 

 

人生大切な根幹となる

自己肯定感いつからでも

高める事が出来ます。

 

 

 

私が自己肯定感を学ぶことが出来た

日本セルフエスティーム普及協会

こちらのページから。

 

 

月照庵でも同様に

自己肯定感の講座を開催しています。

講座はこちらから

 

 

 

イライラする、この怒り

どうすればいい?

アンガ―マネージメントに関する

講座はこちらから 

 

 

研修依頼

個人カウンセリング

に関しては

HPお問い合わせから 

 

お願い致します。

 

 

 

今日の貴方も私も

ありのままで輝いています。

 

 

今日もありがとう。