· 

和敬静寂

ネガティブな感情に振り回されず、

自分の人生を自分らしく、幸せに

心のしなやかさ作りのお手伝い

月照庵の大笹太士です。

 

 

今週の禅語は

 

和敬清寂

(わけいせいじゃく)

 

 

 

 

仲良くするという事は、自分を相手に合わせる事ではありません。

 

自分も認め、相手も認めることが出来る事。

 

そうして初めて相手を敬うことが出来ます。

 

自己受容、他者理解、多様性を受け入れなければできません。

 

 

仕事で言えばチームワーク。

 

互いを認めることが出来なければ上手くまとまらず、皆バラバラに。

 

互いを認め、敬うことが出来た時に1+1も2以上になることもできます。

 

 

 

語の元は茶道。

 

茶道では主人と客が互いに敬い、心を和らげて清く静かに保つ事が出来ます。

 

和でいることは相手を敬う事から。

 

 

 

さぁ、明日から仕事。

 

まずは部下であろうが、

 

年下であろうが

 

まずは相手を一人の人として敬う事から始めてみませんか。

 

※私自身の解釈も入り、本来の解釈とは

 少し違うかもしれませんが、ご了承ください。