自己顕示欲と他者理解

 

 

ネガティブな感情に振り回されず、

自分の人生を自分らしく幸せに,

心のしなやかさ作りのお手伝い。

月照庵の大笹太士です。

 

 

 

社会生活をしていると色々な人が居ます(^^;)

 

 

常に自分が中心でないと気が済まない

SNSを使ったアピールに積極的

マウンティング

空気を読まない(読めない可能性)

積極的だが目的は自利

評価されたい

 

自己顕示欲が強い人の習慣です。

 

 

 

「いや~。]

「でも~。」

「けど~。」と

 

他者の意見を全く聞き入れようとしない事が続くと

 

 

私も人としてまだまだで、

毎回否定されるとAMでの温度計

3は上がります^^

 

 

 

 

私はいつも

相手の「~べき」は何だろう?

と考える習慣があります。 

 

今回は

どうして全否定するのだろう?

と相手の背景を考えました。

 

 

そうすることで他者理解ができるからです。

 

 

他者理解ができると受け入れやすく、

自分の怒りだけに振り回されにくくなります。

 

 

 

今回のキーワードは

承認欲求です。 

こちらのブログが参考になるかもしれません。

 

 

高級ブランドバックや車、腕時計で身を固め、

所有することでの満たされる、

自分の価値を高めようとする心理が働きます。

 

 

承認されたい、満たされたい過去から

人一倍承認欲求が強いと考えられます。

 

 

私はそんな相手が兄弟や両親を全否定する場に遭遇したことがあります。

私にとってはとても異様でしたので記憶に残っています。

 

 

 

兄弟だけでなく僕も認めてよ、

こんなこともできるんだよ。

僕もすごいでしょ、頑張ってるんだよ。

 

そんな言葉が聞こえてきそうです。

 

 

 

 

だからこそ、

 

認めて欲しい、承認して欲しい。

 

僕はもっと出来るんだ、知っているんだ

という事を証明したいのかもしれません。

 

 

そんな場合、自己肯定感も低く

生きづらい経験もしているかもしれません。

 

 

自己肯定感が高ければ自分も認め、

相手も認める事が出来ます。

 

自己肯定力で、誰もが本来の力を取り戻し

幸福度の高い社会を実現したいという理念のもと

設立された日本セルフエスティーム普及協会はこちら

 

 

イライラしても

多様性や他者理解ができると

相手を受け入れやすくなります。

 

 

毎回続いてもイライラするのではありますが。・・・。

その点は次に。