第3者の怒りから学ぶ

ネガティブな感情に振り回されず、

自分の人生を自分らしく幸せに,

心のしなやかさ作りのお手伝い。

月照庵の大笹太士です。

 

 

今日は午前中、色々な手続きで公的機関へ

お邪魔したのですが、その時の出来事を。

 

 

 

私がトイレへ向かう際に一人の女性が入館。

表情からネガティブなオーラ全開です。

 

 

案の定、職員へ凄い剣幕で訴えています。

話の内容は遠く聞こえることは出来ませんでしたが、

上司が後ろから出てきたり、周囲のスタッフもチラリと「あらあら」という表情。

 

 

ネガティブ女性は話を終えると一端席に着こうとしますが、その時に戻っていた私に「何よ」と言わんばかりで見ます。

 

 

椅子に座るなり大きなため息。

次に私が呼ばれたので、直ぐにその場を離れる事が出来ました。

 

 

 

 

怒りの性質の

「矛先を固定できない」

があります。

 

そばに居ると、場合によっては自分も巻き込まれる可能性がありますので、その場を離れるように心がけましょう。

 

 

 

さて第3者の怒りの感情。

 

多くの方は客観的に見ることが出来ると思います。

 

 

そう。

 

 

怒りの性質の

「身近な対象ほど強くなる」

の逆パターンですね。

 

遠いので比較的気にならないでしょう。

 

 

 

アンガ―マネージメントを取り組み始めた人にとって

絶好の練習機会です。

 

 

 

出来事が相手や自分ではなく第3者なので

自分も怒りに振り回されず客観的に見やすくなります。

 

 

 

ここで私が考えたのは

「何かを守りたい出来事があったんだな」

 

「この人は何の『~べき』をもっていたのかな?」

(出来事を見ていない為ここでは分かりません)

 

 

「一次感情は何だったのかな?」

 

 

 

この習慣が普段からできると他者理解が深まり、

思考のコントロールの②が広げやすくなります。

 

普段行っているので、直面した際にすんなり行えます。

 

また考える間に衝動のコントロールの「反射」をしないで済むようになります。

 

 

今回、

愛車をぶつけられたのか

割り込みや人とぶつかった、

館外で職員や施設に対して自分が傷つけられたのかもしれません。

 

悲しかった、辛かった、不安だったのでしょうね。

 

 

 

 

普段行っていないと実際に行えません。

習慣が日頃のあなたを作ります。

 

是非日頃から行ってみましょう。

 

 

 

 

 

ちなみに

私、この出来事があった午前中

ずっとチャックが開いたままでした。

 

そんなお茶目な自分も大好きです(笑

 

 

あ、もしかすると

「あんたチャック空いてるじゃない!」

ってこっち向いたのかもしれませんね(爆