夜勤のある仕事従事者は注意!怒りの衝動が治まりにくい??

今従事している仕事、夜勤ありますか?

私は看護師をしている為、現在は月に数回夜勤があります。

 

 

デンマークの看護協会が看護師を対象に行った研究で、

 

日勤を常勤とする看護師と比べ、

夜勤(2交代制)をする看護師は

 

乳がんリスクが1.5~2.6倍高い

 

という研究結果が出ているそうです。

 

しかも夜勤の経験期間が長いほど高くなる傾向があります。

 

 

 

その他、厚生労働省の

「平成13年労働環境調査」によると

 

夜勤を始めて体調の変化を感じた人は36.1%、

医師からの診断が有ったものでは

胃潰瘍、高血圧症疾患、睡眠障害が多くなっています。

 

 

現に当院でも夜勤が外れたことで

血圧が下がって正常値になったという看護師がいます。

 

 

そんな命を削って行っている

 

夜勤に潜む、もう一つのワナ。

 

 

怒りのマネージメントがしにくくなるという事です。

 

 

昨夜の私の経験。

 

0:15からの深夜勤務。

自宅で仮眠をとって夜勤へ出るのですが、

 

今日は全く眠れない!

 

そんな中、夜勤を行うので、

時間が進むごとに頭は

ぼうっとしていきます。

 

 

 

夜勤中、眠れない患者様は当然います。

 

高齢者は、オムツの感触が嫌いで脱ぎ捨てる方がいます。

 

排尿した感覚が嫌で脱ぎ捨てる

排尿してなくても脱ぎ捨てる

 

着用しても着用しても、脱ぎ捨てる。

 

説明しても、その場では

「わかった。しないよ」

と返事をするも、

5分もしないうちに外し投げ捨てる

 

こんな堂々巡りが続きます。

 

 

 

 

排尿後の不快感や

尿意のある場合がほとんどですから、

オムツ交換やトイレ誘導を行います。

 

 

今回対応した患者様は身体症状によって動けない。

先ほど排尿したばかり。

 

 

そんなやり取りの中、オムツを脱ぎ捨てた後に放尿。

全身の衣類、リネン類が尿で全て汚損。

 

 

 

アンガ―マネージメントを実践していると

患者様の「~べき」が分かっています。

 

オムツの感覚が嫌いなんだもんね。

と患者様を理解できていますので

「思考のコントロール」

まぁ、許せるゾーンは広げています。

 

あとは「行動のコントロール」

自分の行動を振り分けます。

 

 

患者様の尿失禁は変えられない、

コントロール不可能。

 

変えられない事実を受け入れ、

今できる行動を探す。

 

 

オムツ交換を行う!

 

 

オムツ交換を行った後、

大抵の患者様は安心感から眠れることが多いです。

 

 

しかし今夜はその後、何度も脱ぎ捨てます。

 

こっそり布団の中で手を動かし、分からないように

そっと脱ぎ、ポイッと捨てるのです。

 

こちらも朝方となり、頭もぼうっとしており

思考もさほど働かない。

 

 

そんな中、今度は脱ぎ捨てた後に排便を・・・。

 

 

一度アンガ―マネージメント実践し、

先ほどもオムツ交換していますので

分かっていますよ。

 

 

衝動のコントロールは6秒。

 

 

私の場合

 

「諸行無常の響きあり

 諸行無常の響きあり

 ゴーン ゴーン ゴーン」

 

 

???

 

イライラが止まらない(# ゚Д゚) 

 

言っても言っても繰り返す、

目の前の泥状便と臭い、

この後の行程を考える、

眠い、

休憩したい、

 

怒りの衝動

6秒では治まらないのです。

 

 

そうです。

不眠が続いていると脳の機能は働きにくくなります。

前頭葉が働きにくくなっているのです。

 

 

夜勤明けの脳は、

ビール大瓶1本を飲酒した状態と同じような麻痺状態だからです。

 

 

 

 

こんな事、経験済み♡

 

そんな時私は

 

諸行無常の響きあり

諸行無常の響きありと心の中で唱え、

 

深く息を吸い、吐き出し、

 

反対を向いて(びっくりさせないように)

気を入れ替える為、

一度パンッと手をたたく(顔だったりします)。

 

 

以前紹介したコーピングマントラだけで対処できない時は、深呼吸とスイッチングの合わせ技!!!

 

 

イライラが全く無くなることはありませんが

衝動は抑えられます。

 

 

 

 

これまで、熊本県をはじめ、他県においても

施設や精神科病院にて、

暴力による刑事事件が多数ありました。

 

それは夜勤帯である事が多いようです。

 

夜勤の魔力。

睡眠不足であったり、一人で理性が働きにくかったりする事が

要因に挙げれられています。

 

アンガ―マネージメントを実践していれば、

重大事件を避けられたかもしれません。

 

是非、医療・介護従事者の方にこそ、

アンガ―マネージメントを実践して欲しい

そういう気持ちでこれから

普及活動に取り組みたい思います。