· 

社会問題となっている切れる客 アンガ―マネージメント的に考えると 

韓国での「切れる客」が社会問題になっています。

※日テレnews

 

ファストフード店や化粧品店での出来事。

 

購入した物を投げつける、土下座させる激情客。

 

ここまでの言動は無くても、日本でも少なからずあるようです。

 

アンガ―マネージメントを取り入れ

考えてみるとどうでしょう。

 

 

客の立場で考えると、前回のブログでも記載したように、まずやってはいけないことは「反射」です。

 

そのために怒りを感じたら、

6秒待つことが大切でしたね。

 

反射して良い事は1つもありません。

 

韓国の蔚山市ドライブスルーの客は

ナンバープレートから身元を割り出されネットで公開処刑になっている始末。

 

反射せず、6秒待つ為にコーピングマントラを前回作成しましたね。

 

あなたのコーピングマントラは何ですか?