· 

イライラさせる夫?子供?怒りの性質

以前、職場で出勤しドアを開けながら

 

「もう、イライラする!」

 

と言いながら部屋に入ってきたAさんがいました。

 

周囲は「どうしたんですか?」と聞くと

Aさんは

 

「だってね、私が家を出ようかとしたら、

車の前にホースが長々と出してあるのよ。

ダンナがしたんだから、ダンナがするべきでしょ。

急いでるし、片付けたら手も汚れるし。

うちのダンナったら、もう!」

 

別の日には

 

「うちのダンナは都合がいいのよ。

 自分が悪いのに、言ってやったら 

 はぁ?って。もう!」

 

Aさんはよくご主人さんのことでイライラしています。

 

 

 

NHKの『あさイチ』という番組で

「あなたのイライラの原因は?」

というアンケートを取ったところ、

 

1位:子ども

948人

 

2位:夫

862人

 

3位:自分

845人

 

という結果が出ました。

 

「あぁ、わかる!」という人

実は多いのではないでしょうか。

 

平日の朝番組でしたから回答は主婦層の方。

皆さん子供や夫にイライラしているんですね。

 

サラリーマンだと

上司、部下、相手先

 

大学生だと

恋人、友人、バイト先の先輩 などが上がるのは想像できます。

 

 

 

怒りの性質に「身近な対象ほど強くなる」があります。

 

自分の身近な存在は

❝自分がどうにか働きかけると、変わるのではないか❞

 

❝コントロールしやすい❞

 

❝分かってくれるはず(当然)❞

 

という淡い期待があるのではないでしょうか。

 

 

人は感情をより強く出すことで自分を表現し、怒っていることが伝わらない場合、さらに怒鳴ります。

「怒ればなんとかなる」「怒らなければ伝わらない」と信じているからです。

 

怒ると相手は同じように怒る(闘争)か

(その場からまたは自分の内に)逃げる、聞かない(逃走)するものです。

 

 

相手に改善してもらいたい、気持ちを分かって欲しい場合は

冷静に叱る(伝える)方が怒りに任せて言うより効果的です。

 

アンガ―マネージメントでは

他人を変えるのではなく変えるのは「自分自身」です。

いかに自分をイライラさせず、セルフマネジメントするかを

「衝動」「思考」「行動」のコントロールで実践していきます。