· 

子育てに生かす勇気づけ

 

先日の十五夜の翌日は晴れたこともあり、月を見ることが出来ました。

 

次女と二人家に居たので、屋上に上がり月を一緒に見ました。

その時に流れ星を初めて見たらしく「私って運がいいなぁ」と言っていました。

 

「パパは運がいいから、一緒に居ると運が良くなるかもよ」と冗談めいてパパっ子にさせようと企みましたが、そこは思春期。

「え?大丈夫。」と軽く交わされたののでした(笑

 

その次女。

姉と一緒を好み、

姉がピアノを始めたらピアノを習い、

姉がバトミントンをしていたから自分もバトミントンをする、

そういう子でした。

 

しかし姉妹、全く違うもの。

 

次女は漢字の書き取りでマスから大きくはみ出るタイプ

 

大胆さやのびのびとした活動が適しているのではないかと思い、伸び悩んでいた(練習もしなくなっていた)ため、本人と話しました。

ピアノを辞めたい、習字へ行ってみようかな。

 

すると大胆な字を書くためか、賞を受賞するようになりました。

 

もちろん先生の教え方が上手であることは間違いありません。

 

 

家戻ってから夫婦で勇気づけます

 

 私「この‟払い”はうまいね。どういう風にするとできるの?」

 

 次女「1回目が~で失敗したから、2回目で~したら良かった」

  と生き生きと話します。

 

 私「工夫してるんだね。その成果が出てるね。」

 

漢字の書き取りは字のバランスを考えるようになり、先生からも花丸をもらうようになって

 

 「すごく字のバランスがいいね。先生もそれに気づいてるよ。」

 

と妻も勇気づけます。

 

 

私も妻も習字を習っていたこともあり、親はこどもに対して

もっとこうすればいい、

ここがなっていない、

というのが分かります

 

実は私も昔は子育てでは失敗ばかりでした

 

長女の書初めの宿題では何度も口出しし、叱り、泣きながら何度も書き直していたことを思い出します。

 

 

私が変われたのはアドラー心理学を学んでからです。

 

褒める事も大切です。

しかし褒められて伸びても、あとから褒められる(外的動機づけ)ことがなくなると、それが出来なくなるのです。

 

自分からやりたい、こうなりたいという内的動機づけが大切。

 

そのために勇気づけることを心掛けています。