イライラの原因は

 

さて1回目のブログは

丁度夜勤明けでしたので

そんな話から。

 

夜勤の巡視で会うのは

患者様か虫が多いですね。

 

残念ながら期待したことは・・・

 

無いこともないのですが、

別の機会に

 

 

患者様が眠っていれば、

本当に平和な(看護師にとって)

夜となります。

 

 

 

しかし、そんな夜はほとんどない!

 

 

「眠れません」「オムツ変えて」

「こけました」「床が濡れて(放尿)ます」

のコールの嵐!

 

 

 

大部屋で夜な夜な

大きな物音を立てて私物整理、

 

徘徊やせん妄で寝ない患者様も

当然います。

 

 

 

こっちは眠いけど、

患者様にとっては眠くない。

 

それどころか、患者様は

やらなければならないんです! 

と一生懸命。

 

それをどう対処していくかは

スキルになってきます。

 

 

そして夜が明けてくるにつれ、

業務が戦争のように始まります。

 

 

 

 

今日も「今度の外泊は~」

「退院したいんですよ。」と

何度説明しても繰り返し訴える患者様。

 

 

 

訴え毎に作業を止められ

傾聴するものの私は

「次はアレもコレもしなければ」と

頭がいっぱい。

 

少しずつイライラのメーターが上がります。

 

 

 

 

こんなイライラや怒りの原因は

 

患者様? 

 

訴えの内容?

 

夜勤という時間のせい?

 

 

 

 

その正体は

 

 

 

「~べき」

なんです。

 

 

自分の「~べき」と現実に

ギャップが生じた時。

 

 

「~べき」が現実に裏切られた時に

怒りが生じるのです。

 

 

 

 

今日の私の「~べき」は

 

 

・夜は寝るべき

 

・業務は時間内に終わらせ、

 次の勤務に送るべき

 

・何度も同じ話をしない様にするべき

  

 

怒りの原因は、

他ではなく自分の中にあったんですね。

 

 

 

 

う~ん!眠い!!