自己肯定感とは

自己肯定感とは、ありのままの自分を認め、受け入れ、尊重し、自己価値を感じながら自分の人生を自分らしく歩んでいける力、感覚の事を言います。

 

生きていていいんだ。存在していいんだ。自分は大切な存在なんだ。自分が自分であって大丈夫という

人が生きていく上で一番大切な感覚です。

 

それは心の奥底で自分の存在を承認し、長所だけでなく、欠点も含めて自分に価値があると思える感覚のことです。

 

 

日々生きていく中で、楽しそうに人生を歩んでいる人と、仕事で成果を上げたり、人間関係が良好で、自分の望みや夢を次々と実現していく人と、そうでない人の違いは、置かれた環境や才能、能力以前に自己肯定力の高さに大きく左右されています。

 

何かを成し遂げる努力をしても、そのベースに自己肯定力が無いと、その努力はなかなか報われず、実現することが難しくなります。

 

自己肯定感は人間関係や仕事だけにとどまらず、自己実現や夢をかなえるために重要な柱にもなり、この感覚が高まると、自分を信頼し、信じる事が出来るようになり、これがあなたの人生で受け取るものが全く違ってきます。

 

 

こちらのページでは私の過去と自己肯定感の変化による家族への影響について書かせて頂きました。

 

 

 

月照庵では自己肯定力(自己肯定感を上げる力のこと)を鍛える講座を2つご用意しております。

入門講座

ベーシック講座

企業研修・講演